会社を楽園にする方法自分を生きる釈迦の教え

自分を生きる、

会社でも家でもどこでも常に自分を生きる

自分を貫きとおすのにはちょっとしたコツがあります

親から暴言を吐かれた時も私はこの方法で乗り越えてきました、会社を楽園にする方法でも活用できるよ!と

複数の友人にお話ししたら

すごい!!活用できる!!もっと早く知りたかった!!って声が相次いだのでシャアしますね

お釈迦様と悪口男の話し

あるところに、お釈迦様が多くの人たちから尊敬される姿を見て、ひがんでいる男がいました。

どうして、あんな男がみんなの尊敬を集めるのだ。いまいましい

そこで、男は散歩のルートで待ち伏せして、群集の中で口汚くお釈迦様をののしってやることにしました。

お釈迦の野郎、きっと、おれに悪口を言われたら、汚い言葉で言い返してくるだろう。その様子を人が見たら、あいつの人気なんて、アッという間に崩れるに違いない

そして、その日が来ました。

男は、お釈迦様の前に立ちはだかって、ひどい言葉を投げかけます。

お釈迦様は、ただ黙って、その男の言葉を聞いておられました。

弟子たちはくやしい気持ちで、あんなひどいことを言わせておいていいのですか?とお釈迦様にたずねました。

それでも、お釈迦様は一言も言い返すことなく、黙ってその男の悪態を聞いていました。

男は、一方的にお釈迦様の悪口を言い続けて疲れたのか、しばらく後、その場にへたりこんでしまいました。

どんな悪口を言っても、お釈迦様は一言も言い返さないので、なんだか虚しくなってしまったのです。

その様子を見て、お釈迦様は、静かにその男にたずねました。

もし他人に贈り物をしようとして、その相手が受け取らなかった時、その贈り物は一体誰のものだろうか

こう聞かれた男は、突っぱねるように言いました。

そりゃ、言うまでもない。相手が受け取らなかったら贈ろうとした者のものだろう。わかりきったことを聞くな

男はそう答えてからすぐに、あっと気づきました。

お釈迦様は静かにこう続けられました。

そうだよ。今、あなたは私のことをひどくののしった。でも、私はそのののしりを少しも受け取らなかった。だから、あなたが言ったことはすべて、あなたが受け取ることになるんだよ

他人に向ける言葉はギフトです

その言葉にもし刃物が隠されていたら

傷つくような言葉を差し出されたら

受け取り拒否

要らない言葉は受け取らなければいいのです

受け取らなければ、その刃物の矛先は

言葉を口にした本人に刺さります

要はマイナスなエネルギーは自分に返ってくる

自滅ってやつ!

だから右から左へ受け流す

これ私は会社でも家でも徹底してやりました

華麗にスルーしても

受け取らなければ本人に返るのを知ってるから

あんまりムカつかないし

なんならバーーーーー化って心の中でベロ出してる

戦わないってこういうこと

言霊に込められたエネルギーを受け取らない

無視をしたら角が立つので無視するって訳でもない

華麗にスルーする

心の中に入れないってこと

外からの攻撃から守る方法

ぜひ活用してね、

もちろん自分も他人に毒を吐いたら

自分にその毒は返るし、自分をディスってることになるからね

言葉はギフトエネルギー体

大切に使おう!

ちなみに悪口を言ってはいけないって話しではないからね!!私めっちゃ口悪いし

あくまでエネルギーの話しだよ

LINE限定情報などランダムに配信

IDslk8854d

女性限定

ありがとうの奇跡実験

本日は1100ありがとう

合計23万7800/40万ありがとう

アファーメーションの仕組み

ありがとう5万回達成

ありがとう10万回達成

あるがとう15万回達成

ありがとう20万回突破、まとめ

実験で得た気づき

ぽちっとご協力お願いします

今日もありがとうございます。