第100回全国高校野球大会の選手宣誓と始球式〜努力と真剣みが感動を生む〜 - 〜こころ豊かな愉快な生き方を求めて〜

100回目になる、夏の甲子園高校野球が始まった。野球好きの割には、ほとんど観戦しないが、開会式を観た。選手宣誓を観たかったから。予想通り、いや予想以上に立派な宣誓であった。内容よりも、ゆっくりと間を置き言葉をかみしめながら、大観衆にも聴きやすいものであった。いつもながらの大会役員の事務的な挨拶とは違う、チーム全員で作り上げ、2〜300回練習した努力とそのことに真剣に取り組む姿勢が現れ、気持ちがいいものとなった。そして、始球式の松井秀喜さんの全力投球も真剣みがあり大変良かった。