サンバ カウント

サークルでは、今月よりサンバの講習が始まりました。

気になりながらも、此れ迄うやむやに放置して来た事が有ります。

それは、サンバのカウントの取り方です。

『1a2』の場合は、1=4分の3拍、a=4分の1拍と云う事位しか理解していませんでした。

今回、この機会に調べてみました。

サンバは4分の2拍子の曲で有る。

すなわち、1小節に4分音符が2つ有る曲です。

『1a2』 = 4分の3拍子+4分の1拍子+4分の4拍子

『SQQ』 = 4分の4拍子+4分の2拍子+4分の2拍子

『123』 = 4分の3拍子+4分の2拍子+4分の3拍子

即ち、1小節の中の音の刻み方が色々有ると云う事ですね。

賑やかなサンバの曲には色々な楽器から色々なリズムが流れていると云う事らしいです。

3/4 + 1/4 + 4/4 = 8/4(1小節)

4/4 + 2/4 + 2/4 = 8/4(1小節)

3/4 + 2/4 + 3/4 = 8/4(1小節)

チョッとスッキリしました。

しかし、このリズムを使い分けるとなると、難問ですね。